SSR(Secondary Surveillance Rader:二次監視レーダ)

航空交通管制用として航空機の識別や高度情報を得るために用いられる二次レーダである。地上設備は空中線、質問機(インタロゲータ)、解読器(デコーダ)等で構成される。地上のインタロゲータより1,030MHzの質問信号パルスを発射し、航空機のATCトランスポンダがそれを受けて自動的に1,090MHzの応答信号パルスを発射する。地上のSSRはそれを受信して解読し、応答航空機の情報をレーダスコープ上に表示する。航空機の識別及び追跡のために、トランスポンダの応答を求めるものをモードA、航空機上の気圧高度情報をトランスポンダの応答として求めるものをモードCという。  SSRは通常、一次レーダ(ASR、ARSR等)と組み合わせて運用し、一次レーダで航空機の方位及び距離の情報を、SSRで航空機の識別及び高度情報を得るようにしている。 →SSRモードS

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新