VOR(VHF Omnidirectional Radio Range Beacon)

「108MHzから118MHzまでの周波数の電波を全方向に発射する回転式の無線標識業務を行う設備をいう。」(電波法施行規則第2条第50号)(無線設備規則第45条の12の8
108~118MHz帯の周波数を使用して全方向にコースを選定できる航空用レンジビーコンで、その原理の概略は、次のとおりである。  いま、地上局がアンテナの指向特性を毎秒30回の速度で回転しながら無変調波を送信すると、ある方向の受信点では送信指向特性の回転にしたがって信号強度が変化し、結果として30HzでAM変調された電波が受信されることとなり、その30Hzの変調波の位相は、送信局からみた受信点の方位によって定まる。これを可変位相信号という。別に同一地上局から同じ30HzでFM変調された無指向性の信号(基準位相信号という。)を送信してやれば、受信点ではさきの可変位相信号とこの基準位相信号の位相を比較することにより、送信局からの自己の方位を測定し指示することができる。
ドップラVOR

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新