Zマーカ (Z Maker)

「航空機に位置の情報を与えるために、逆円錐形の指向性電波を垂直に上空に発射する無線標識業務を行う設備をいう。」(電波法施行規則第2条第51号)
航空機は、NDB施設の直上を通過するときは、ADFのみでも通過認知が可能であるが、更に確実に認知するため、ZマーカがNDBに併置される場合がある。周波数は75MHzを使用し、3,000Hzで連続的に振幅変調されている。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新