*事業用電気通信設備規則第32条 [#m7d74a8f]
(その他の信号送出条件)
 第三十二条  [[事業用電気通信設備]]は、次に掲げる場合は[[可聴音]](耳で聴くことが可能な特定周波数の音をいう。以下同じ。)又は音声によりその状態を発信側の端末設備等に対して通知しなければならない。
 一  端末設備等が送出する発呼信号を受信した後、[[選択信号]]を受信することが可能となつた場合
 二  接続の要求をされた着信側の端末設備等を呼出し中である場合
 三  接続の要求をされた着信側の端末設備等が着信可能な状態でない場合又は接続の要求をされた着信側の端末設備等への接続が不可能な場合
トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新