*事業用電気通信設備規則第36条の3 [#aa0f6653]
(通話品質)
 第三十六条の三  第三十五条の十八の規定は、[[事業用電気通信設備]]([[電気通信回線設備]]に限る。次条第一項において同じ。)の通話品質について準用する。この場合において、第三十五条の十八第一項中「インターネットプロトコル携帯電話用設備 ([[携帯電話用設備]] であつて、端末設備等を[[インターネットプロトコル]]を使用してパケット交換網に接続するもののうち、電気通信番号規則第九条第一項第三号 に規定する[[電気通信番号]]を使用するものをいう。以下同じ。)」とあるのは「電気通信番号規則第十条第一項第二号 に規定する[[電気通信番号]]を用いて[[電気通信役務]]を提供する[[インターネットプロトコル電話用設備]] 」と読み替えるものとする。

 第三十六条の三  第三十五条の十八の規定は、[[事業用電気通信設備]]([[電気通信回線設備]]に限る。次条第一項において同じ。)の通話品質について準用する。この場合において、第三十五条の十八第一項中「インターネットプロトコル携帯電話用設備 ([[携帯電話用設備]] であつて、端末設備等を[[インターネットプロトコル]]を使用してパケット交換網に接続するもののうち、電気通信番号規則別表第四号に掲げる音声伝送携帯電話番号を使用するものをいう。以下同じ。)」とあるのは「電気通信番号規則別表第六号に掲げる特定IP電話番号を使用して[[電気通信役務]]を提供する[[インターネットプロトコル電話用設備]] 」と読み替えるものとする。
トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新