*[[捜索救助用レーダートランスポンダ]] (SART:Search and Rescue Radar Transponder) [#d50e02f3]
 「捜索救助用レーダートランスポンダ」とは、遭難自動通報設備であって、船舶が遭難した場合に、[[レーダ]]ーから発射された電波を受信したとき、それに[[応答]]して電波を発射し、当該[[レーダ]]ーの指示器上にその位置を表示させるものをいう。
 9GHz帯の[[レーダ]]の電波を受信した直後に9.2GHzから9.5GHzまでを周波数掃引する周期約80マイクロ秒の鋸歯状電波を発射して、その[[レーダ]]の指示器にレーダトランスポンダのある位置を、点滅で表示させるものである。
 救命艇や救命いかだ等の上又は海面で使用でき、96時間の待受状態の後、連続8時間動作させることができる。義務船舶局に備付けが義務づけられており、[[無線機器型式検定]]に合格したもので使用される。([[電波法施行規則第2条]]第1項第39の2号)
*[[捜索救助用レーダートランスポンダ]] (SART:Search and Rescue Radar Transponder) † [#jda55b6e]
 「捜索救助用レーダートランスポンダ」とは、遭難自動通報設備であって、船舶が遭難した場合に、[[レーダ]]ーから発射された電波を受信したとき、それに応答して電波を発射し、当該[[レーダ]]ーの指示器上にその位置を表示させるものをいう。
 9GHz帯の[[レーダ]]ーの電波を受信した直後に9.2GHzから9.5GHzまでを周波数掃引する周期約80マイクロ秒の鋸歯状電波を発射して、その[[レーダ]]ーの指示器にレーダートランスポンダのある位置を、点滅で表示させるものである。
 救命艇や救命いかだ等の上又は海面で使用でき、96時間の待受状態の後、連続8時間動作させることができる。[[義務船舶局]]に備付けが義務づけられており、[[無線機器型式検定]]に合格したもので使用される。([[電波法施行規則第2条]]第1項第39号)
トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新