*電気通信事業法第26条 [#k67f5bea]
(提供条件の説明) 
第二十六条   [[電気通信事業者]]及び[[電気通信事業者]]の[[電気通信役務]]の提供に関する契約の締結の媒介、取次ぎ又は代理(以下「媒介等」という。)の業務及びこれに付随する業務の委託を受けた者(その者から委託(二以上の段階にわたる委託を含む。)を受けた者を含む。以下「[[媒介等業務受託者]]」という。)は、利用者([[電気通信役務]]の提供を受けようとする者を含み、[[電気通信事業者]]である者を除く。以下この項、第二十七条、第二十七条の二及び第二十九条第二項において同じ。)と次に掲げる[[電気通信役務]]の提供に関する契約の締結又はその媒介等をしようとするときは、総務省令で定めるところにより、当該[[電気通信役務]]に関する料金その他の提供条件の概要について、その者に説明しなければならない。ただし、当該契約の内容その他の事情を勘案し、当該提供条件の概要について利用者に説明しなくても利用者の利益の保護のため支障を生ずることがないと認められるものとして総務省令で定める場合は、この限りでない。
第二十六条   [[電気通信事業者]]は、利用者([[電気通信役務]]の提供を受けようとする者を含み、[[電気通信事業者]]である者を除く。以下この項、第二十七条及び第二十七条の二において同じ。)と次に掲げる[[電気通信役務]]の提供に関する契約の締結又はその媒介等をしようとするときは、総務省令で定めるところにより、当該[[電気通信役務]]に関する料金その他の提供条件の概要について、その者に説明しなければならない。ただし、当該契約の内容その他の事情を勘案し、当該提供条件の概要について利用者に説明しなくても利用者の利益の保護のため支障を生ずることがないと認められるものとして総務省令で定める場合は、この限りでない。
一 その一端が[[移動端末設備]]と接続される伝送路設備を用いて提供される[[電気通信役務]]であつて、その内容、料金その他の提供条件、利用者の範囲及び利用状況を勘案して利用者の利益を保護するため特に必要があるものとして総務大臣が指定するもの
二 その一端が[[移動端末設備]]と接続される伝送路設備を用いて提供される[[電気通信役務]]以外の[[電気通信役務]]であつて、その内容、料金その他の提供条件、利用者の範囲及び利用状況を勘案して利用者の利益を保護するため特に必要があるものとして総務大臣が指定するもの
三 前二号に掲げるもののほか、その内容、料金その他の提供条件、利用者の範囲その他の事情を勘案して利用者の利益に及ぼす影響が少なくないものとして総務大臣が指定する[[電気通信役務]]
2 前項各号の規定による指定は、告示によつて行う。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新