*[[電波の利用状況の調査]]  (Survey of Actual Radio Spectrum Utilization)[#r326ce9c]
 総務大臣は、[[周波数割当計画]]の作成又は変更その他電波の有効利用に資するため、おおむね3年ごとに、[[免許人]]の数、[[無線局]]の数、[[無線局]]の目的及び用途、[[無線設備]]の使用技術、無線局の具体的な使用実態、他の電気通信手段への代替可能性、電波を有効利用するための計画並びに使用周波数の移行計画を調査することができ、その調査の結果に基づき、電波に関する技術の発達及び需要動向、周波数割当てに関する国際動向、その他の事情を勘案して電波の有効利用の程度を評価するとともにその結果の概要を公表することとされている。([[電波法第26条の2]]第1項、第3項、第4項)
 この制度は、電波利用が質的にも量的にも大きく変化し、電波のひっ迫状況が深刻化してきたことを背景として、これらに的確に対応しつつ電波の有効利用を図っていくことを目的に平成14年の電波法改正により設けられたものである。

 総務大臣は、[[周波数割当計画]]の作成又は変更その他電波の有効利用に資する施策を総合的かつ計画的に推進するため、総務省令で定めるところにより、[[無線局]]の数、[[無線局]]の行う[[無線通信]]の通信量、[[無線局]]の[[無線設備]]の使用の態様その他の電波の利用状況を把握するために必要な事項として総務省令で定める事項の調査を行うことができ、その調査の結果に基づき、電波に関する技術の発達及び需要の動向、周波数割当てに関する国際的動向その他の事情を勘案して、電波の有効利用の程度を評価するとともに、その結果の概要を公表することとされている。
 この制度は、電波利用が質的にも量的にも大きく変化し、電波のひっ迫状況が深刻化してきたことを背景として、これらに的確に対応しつつ電波の有効利用を図っていくことを目的に平成14年の電波法改正により設けられたもので、その後も調査の内容、頻度などが見直されている。
([[電波法第26条の2]]第1項~第5項)
トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新