*電波法施行規則第4条の2 [#r380c8e0]
([[電波の型式]]の表示) 
第四条の二  電波の主搬送波の[[変調]]の型式、主搬送波を[[変調]]する信号の性質及び伝送情報の型式は、次の各号に掲げるように分類し、それぞれ当該各号に掲げる記号をもつて表示する。ただし、主搬送波を[[変調]]する信号の性質を表示する記号は、対応する算用数字をもつて表示することがあるものとする。 
一  主搬送波の[[変調]]の型式 記号
(1) 無変調 N
(2) [[振幅変調]]
(一) 両側波帯 A
(二) [[全搬送波]]による単側波帯 H
(三) [[低減搬送波]]による単側波帯 R
(四) [[抑圧搬送波]]による単側波帯 J
(五) 独立側波帯 B
(六) [[残留側波帯]] C
(3) [[角度変調]]
(一) 周波数変調 F
(二) [[位相変調]] G
(4) 同時に、又は一定の順序で[[振幅変調]]及び[[角度変調]]を行うもの D
(5) [[パルス変調]]
(一) 無変調パルス列 P
(二) 変調パルス列
ア [[振幅変調]] K
イ 幅変調又は時間変調 L
ウ 位置変調又は[[位相変調]] M
エ パルスの期間中に[[搬送波]]を[[角度変調]]するもの Q
オ アからエまでの各[[変調]]の組合せ又は他の方法によつて[[変調]]するもの V
(6) (1)から(5)までに該当しないものであつて、同時に、又は一定の順序で[[振幅変調]]、[[角度変調]]又は[[パルス変調]]のうちの二以上を組み合わせて行うもの W
(7) その他のもの X
二  主搬送波を[[変調]]する信号の性質 記号
(1) 変調信号のないもの 〇
(2) デイジタル信号である単一チヤネルのもの
(一) [[変調]]のための[[副搬送波]]を使用しないもの 一
(二) [[変調]]のための[[副搬送波]]を使用するもの 二
(3) アナログ信号である単一チヤネルのもの 三
(4) デイジタル信号である二以上のチヤネルのもの 七
(5) アナログ信号である二以上のチヤネルのもの 八
(6) デイジタル信号の一又は二以上のチヤネルとアナログ信号の一又は二以上のチヤネルを複合したもの 九
(7) その他のもの X
三  伝送情報の型式 記号
(1) 無情報 N
(2) 電信
(一) 聴覚受信を目的とするもの A
(二) 自動受信を目的とするもの B
(3) [[ファクシミリ]] C
(4) データ伝送、遠隔測定又は遠隔指令 D
(5) 電話(音響の放送を含む。) E
(6) [[テレビジョン]](映像に限る。) F
(7) (1)から(6)までの型式の組合せのもの W
(8) その他のもの X
2  この規則その他法に基づく省令、告示等において[[電波の型式]]は、前項に規定する主搬送波の[[変調]]の型式、主搬送波を[[変調]]する信号の性質及び伝送情報の型式を同項に規定する記号をもつて、かつ、その順序に従つて表記する。 
3  この規則その他法に基づく省令、告示等においては、電波は、[[電波の型式]]、「電波」の文字、周波数の順序に従つて表示することを例とする。
トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新