*電波法施行規則第6条 [#m1386ae8]
([[免許を要しない無線局]]) 
第六条  法第四条第一項第一号に規定する発射する電波が著しく微弱な無線局を次のとおり定める。
第六条  法第四条第一号に規定する発射する電波が著しく微弱な無線局を次のとおり定める。
一  当該[[無線局]]の[[無線設備]]から三メートルの距離において、その電界強度(総務大臣が別に告示する試験設備の内部においてのみ使用される[[無線設備]]については当該試験設備の外部における電界強度を当該[[無線設備]]からの距離に応じて補正して得たものとし、人の生体内に植え込まれた状態又は一時的に留置された状態においてのみ使用される[[無線設備]]については当該生体の外部におけるものとする。)が、次の表の上欄の区分に従い、それぞれ同表の下欄に掲げる値以下であるもの

|周波数帯|電界強度|
|三二二MHz以下|毎メートル五〇〇マイクロボルト|
|三二二MHzを超え一〇GHz以下 | 毎メートル三五マイクロボルト |
|一〇GHzを超え一五〇GHz以下| 次式で求められる値(毎メートル五〇〇マイクロボルトを超える場合は、毎メートル五〇〇マイクロボルト)&br;毎メートル3.5fマイクロボルト&br;fは、[[GHz]]を単位とする周波数とする。|
|一五〇GHzを超えるもの|毎メートル五〇〇マイクロボルト|

二  当該[[無線局]]の[[無線設備]]から五〇〇メートルの距離において、その電界強度が毎メートル二〇〇マイクロボルト以下のものであつて、総務大臣が用途並びに[[電波の型式]]及び周波数を定めて告示するもの 
三  標準電界発生器、[[ヘテロダイン周波数計]]その他の測定用小型発振器 
2  前項第一号の電界強度の測定方法については、別に告示する。 
3  法第四条第一項第二号の総務省令で定める[[無線局]]は、A三E電波二六・九六八MHz、二六・九七六MHz、二七・〇四MHz、二七・〇八MHz、二七・〇八八MHz、二七・一一二MHz、二七・一二MHz又は二七・一四四MHzの周波数を使用し、かつ、[[空中線電力]]が〇・五ワット以下であるものとする。 
4  法第四条第一項第三号の総務省令で定める[[無線局]]は、次に掲げるものとする。
3  法第四条第二号の総務省令で定める[[無線局]]は、A三E電波二六・九六八MHz、二六・九七六MHz、二七・〇四MHz、二七・〇八MHz、二七・〇八八MHz、二七・一一二MHz、二七・一二MHz又は二七・一四四MHzの周波数を使用し、かつ、[[空中線電力]]が〇・五ワット以下であるものとする。 
4  法第四条第三号の総務省令で定める[[無線局]]は、次に掲げるものとする。
一  F一D若しくはF二D電波二五四・四二五MHz若しくは二五四・九六二五MHzの周波数及びF一D、F二A、F二B、F二C、F二D、F二N、F二X若しくはF三E電波二五三・八六二五MHz以上二五四・九五MHz以下の周波数であつて、二五三・八六二五MHz及び二五三・八六二五MHzに一二・五kHzの整数倍を加えたもの(二五四・四二五MHzを除く。)を使用し、かつ、[[空中線電力]]が〇・〇一ワット以下であるもの、又はF一D若しくはF二D電波三八〇・七七五MHz若しくは三八一・三一二五MHzの周波数及びF一D、F二A、F二B、F二C、F二D、F二N、F二X若しくはF三E電波三八〇・二一二五MHz以上三八一・三MHz以下の周波数であつて、三八〇・二一二五MHz及び三八〇・二一二五MHzに一二・五kHzの整数倍を加えたもの(三八〇・七七五MHzを除く。)を使用し、かつ、[[空中線電力]]が〇・〇一ワット以下であるもの(以下「[[コードレス電話]]の[[無線局]]」という。) 
二  次に掲げる条件に適合するものであつて、総務大臣が別に告示する[[電波の型式]]及び[[空中線電力]]に適合するもの(以下「[[特定小電力無線局]]」という。)
(1) [[テレメーター]]((2)に規定する[[医療用テレメーター]]を除く。)用、テレコントロール(電波を利用して遠隔地点における装置の機能を始動し、変更し、又は終止させることを目的とする信号の伝送をいう。)用及びデータ伝送(主に符号によつて処理される、又は処理された情報の伝送交換をいい、(3)に規定する体内植込型医療用データ伝送及び体内植込型医療用遠隔計測、(4)に規定する国際輸送用データ伝送並びに(12)に規定するミリ波データ伝送を除く。)用で使用するものであつて、次に掲げる周波数の電波を使用するもの
(一) 三一二MHzを超え三一五・二五MHz以下の周波数
(二) 四一〇MHzを超え四三〇MHz以下の周波数
(三) 四四〇MHzを超え四七〇MHz以下の周波数
(四) 九一五MHzを超え九三〇MHz以下の周波数
(五) 一、二一五MHzを超え一、二六〇MHz以下の周波数
(2) [[医療用テレメーター]](病院、診療所その他の医療機関又は研究機関において、生体信号の伝送を行う[[テレメーター]]をいう。)用で使用するものであつて、次に掲げる周波数の電波を使用するもの
(一) 四一〇MHzを超え四三〇MHz以下の周波数
(二) 四四〇MHzを超え四七〇MHz以下の周波数
(3) 体内植込型医療用データ伝送(体内に植え込まれた医療機器から得た情報を体内に植え込まれた[[無線設備]]と体外の[[無線設備]]との間又は体外の[[無線設備]]相互間で行うデータ伝送をいう。)用及び体内植込型医療用遠隔計測(体内に植え込まれた医療機器から得た情報を体外の[[受信設備]]に対して自動的に送信することをいう。)用で使用するものであつて、四〇一MHzを超え四〇六MHz以下の周波数の電波を使用するもの
(4) 国際輸送用データ伝送(国際輸送用貨物(設備規則第四十九条の十四第五号イに規定する国際輸送用貨物をいう。)の管理の業務の用に供するものであつて、国際輸送用データ伝送設備(同号イに規定する国際輸送用データ伝送設備をいう。以下同じ。)と国際輸送用データ制御設備(同号イに規定する国際輸送用データ制御設備をいう。)との間又は国際輸送用データ伝送設備相互間のデータ伝送をいう。)用で使用するものであつて、四三三・六七MHzを超え四三四・一七MHz以下の周波数の電波を使用するもの
(5) 無線呼出用で使用するものであつて、四一〇MHzを超え四三〇MHz以下の周波数の電波を使用するもの
(6) ラジオマイク((7)に規定する補聴援助用ラジオマイクを除く。)用で使用するものであつて、次に掲げる周波数の電波を使用するもの
(一) 七三・六MHzを超え七四・八MHz以下の周波数
(二) 三二二MHzを超え三二三MHz以下の周波数
(三) 八〇六MHzを超え八一〇MHz以下の周波数
(7) 補聴援助用ラジオマイク(聴覚障害者の補聴を援助するための音声その他の音響の伝送を行うラジオマイクをいう。)用で使用するものであつて、次に掲げる周波数の電波を使用するもの
(一) 七五・二MHzを超え七六・〇MHz以下の周波数
(二) 一六九・三九MHzを超え一六九・八一MHz以下の周波数
(8) [[無線電話]]((6)に規定するラジオマイク、(7)に規定する補聴援助用ラジオマイク及び(9)に規定する音声アシスト用無線電話を除く。)用で使用するものであつて、次に掲げる周波数の電波を使用するもの
(一) 四一〇MHzを超え四三〇MHz以下の周波数
(二) 四四〇MHzを超え四七〇MHz以下の周波数
(9) 音声アシスト用無線電話(視覚障害者の歩行を援助するための情報を音声によつて伝達する[[無線電話]]をいう。)用で使用するものであつて、七五・二MHzを超え七六・〇MHz以下の周波数の電波を使用するもの
(10) 移動体識別(設備規則第二十四条第十五項に規定する移動体識別をいう。)用で使用するものであつて、次に掲げる周波数の電波を使用するもの
(一) 九一五MHzを超え九三〇MHz以下の周波数
(二) 二、四〇〇MHz以上二、四八三・五MHz以下の周波数
(11) ミリ波レーダー(ミリメートル波帯の周波数の電波を使用する[[レーダ]]ーであつて、[[無線標定業務]]を行うものをいう。)用で使用するものであつて、次に掲げる周波数の電波を使用するもの
(11) ミリ波レーダー(ミリメートル波帯の周波数の電波を使用する[[レーダ]]ーであつて、[[無線標定業務]]を行うもの((12)に規定する移動体検知センサーを除く。)をいう。)用で使用するものであつて、次に掲げる周波数の電波を使用するもの
(一) 六〇GHzを超え六一GHz以下の周波数
(二) 七六GHzを超え七七GHz以下の周波数
(三) 七七GHzを超え八一GHz以下の周波数
(12) ミリ波画像伝送(ミリメートル波帯の周波数の電波を使用して行う画像伝送をいう。)用及びミリ波データ伝送(ミリメートル波帯の周波数の電波を使用して行うデータ伝送をいう。)用で使用するものであつて、五七GHzを超え六六GHz以下の周波数の電波を使用するもの
(12) 移動体検知センサー(主として移動する人又は物体の状況を把握するため、それに関する情報(対象物の存在、位置、動き、大きさ等)を高精度で取得するために使用するセンサーであつて、[[無線標定業務]]を行うものをいう。)用で使用するものであつて、次に掲げる周波数の電波を使用するもの
(一) 一〇・五GHzを超え一〇・五五GHz以下の周波数(屋内において使用する場合に限る。)
(二) 二四・〇五GHzを超え二四・二五GHz以下の周波数
(三) 五七GHzを超え六六GHz以下の周波数
(13) 移動体検知センサー(主として移動する人又は物体の状況を把握するため、それに関する情報(対象物の存在、位置、動き、大きさ等)を高精度で取得するために使用するセンサーであつて、[[無線標定業務]]を行うものをいう。)用で使用するものであつて、次に掲げる周波数の電波を使用するもの
(一) 一〇・五GHzを超え一〇・五五GHz以下の周波数(屋内において使用する場合に限る。)
(二) 二四・〇五GHzを超え二四・二五GHz以下の周波数
(14) 動物検知通報システム(国内において主として動物の行動及び状態に関する情報の通報又はこれに付随する制御をするための[[無線通信]]を行う[[無線設備]]をいう。)用で使用するものであつて、一四二・九三MHzを超え一四二・九九MHz以下の周波数の電波を使用するもの
三  主として火災、盗難その他非常の通報又はこれに付随する制御を行うものであつて、F一D、F二D若しくはG一D電波四二六・二五MHz以上四二六・八三七五MHz以下の周波数のうち、四二六・二五MHz及び四二六・二五MHzに一二・五kHzの整数倍を加えたもの([[占有周波数帯幅]]が八・五kHz以下の場合に限る。)又は四二六・二六二五MHz及び四二六・二六二五MHzに二五kHzの整数倍を加えたもの([[占有周波数帯幅]]が八・五kHzを超え一六kHz以下の場合に限る。)を使用し、かつ、[[空中線電力]]が一ワット以下であるもの(以下「小電力セキュリティシステムの[[無線局]]」という。) 
四  主としてデータ伝送のために[[無線通信]]を行うもの([[電気通信回線]]設備に接続するものを含む。)であつて、次に掲げる周波数の電波を使用し、かつ、[[空中線電力]]が〇・五八ワット以下であるもの(第十一号に規定する五・二GHz帯高出力データ通信システムの無線局を除く。)(以下「小電力データ通信システムの[[無線局]]」という。)
(1) 二、四〇〇MHz以上二、四八三・五MHz以下の周波数
(2) 二、四七一MHz以上二、四九七MHz以下の周波数
(3) 五、一五〇MHzを超え五、三五〇MHz以下の周波数(総務大臣が別に告示する場所において使用するものを除く。)
(4) 五、四七〇MHzを超え五、七二五MHz以下の周波数(上空にあつては、航空機内で運用する場合に限る。)
(5) 五、二一〇MHz又は五、二九〇MHzの周波数及び五、五三〇MHz又は五、六一〇MHzの周波数(総務大臣が別に告示する場所において使用するものを除く。)
(6) 二四・七七GHz以上二五・二三GHz以下の周波数であつて二四・七七GHz若しくは二四・七七GHzに一〇MHzの整数倍を加えたもの又は二七・〇二GHz以上二七・四六GHz以下の周波数であつて二七・〇二GHz若しくは二七・〇二GHzに一〇MHzの整数倍を加えたもの
(7) 五七GHzを超え六六GHz以下の周波数
(3) 五、一五〇MHzを超え五、三五〇MHz以下又は五、四七〇MHzを超え五、七三〇MHz以下の周波数(複数の電波を同時に使用する場合は、総務大臣が別に告示する周波数に限る。)(総務大臣が別に告示する場所において使用するものを除く。)
(4) 二四・七七GHz以上二五・二三GHz以下の周波数であつて二四・七七GHz又は二四・七七GHzに一〇MHzの整数倍を加えたもの
(5) 五七GHzを超え六六GHz以下の周波数
五  一、八九三・六五MHz以上一、九〇五・九五MHz以下の周波数の電波であつて、一、八九三・六五MHz及び一、八九三・六五MHzに三〇〇kHzの整数倍を加えたもの又は一、八九五・六一六MHz以上一、九〇二・五二八MHz以下の周波数の電波であつて、一、八九五・六一六MHz及び一、八九五・六一六MHzに一、七二八kHzの整数倍を加えたものを使用し、[[空中線電力]]が〇・〇一ワット以下であつて、総務大臣が別に告示する[[電波の型式]]及び用途に適合するもの(以下「デジタル[[コードレス電話]]の[[無線局]]」という。) 
六  一、八八四・六五MHz以上一、九一五・五五MHz以下の周波数であつて一、八八四・六五MHz及び一、八八四・六五MHzに三〇〇kHzの整数倍を加えたもの(総務大臣が別に告示する周波数を除く。)を使用し、[[空中線電力]]が〇・〇一ワット以下であつて総務大臣が別に告示する[[電波の型式]]及び用途に適合するもの([[無線通信]]を中継する機能を備えるものを除く。以下「[[PHS]]の[[陸上移動局]]」という。) 
七  狭域通信システムの[[陸上移動局]](A一D又はG一D電波による五・八一五GHz、五・八二〇GHz、五・八二五GHz、五・八三〇GHz、五・八三五GHz、五・八四〇GHz又は五・八四五GHzの周波数を使用し、かつ、[[空中線電力]]が〇・〇一ワット以下である[[陸上移動局]]をいう。以下同じ。)及び狭域通信システムの[[陸上移動局]]の[[無線設備]]の試験のための通信を行う[[無線局]](狭域通信システムの[[陸上移動局]]の[[無線設備]]の試験若しくは調整を行うための[[無線通信]]を行う[[無線局]]であつて、A一D又はG一D電波による五・七七五GHz、五・七八〇GHz、五・七八五GHz、五・七九〇GHz、五・七九五GHz、五・八〇〇GHz又は五・八〇五GHzの周波数を使用し、かつ、[[空中線電力]]が〇・〇〇一ワット以下であるものをいう。) 
八  五GHz帯無線アクセスシステム(四、九〇〇MHzを超え五、〇〇〇MHz以下のうち総務大臣が別に告示する周波数の電波を使用し、主としてデータ伝送のために[[基地局]]と[[陸上移動局]]との間若しくは[[陸上移動局]]相互間で行う[[無線通信]]([[陸上移動中継局]]の中継によるものを含む。)又は[[携帯基地局]]と[[携帯局]](上空での運用を除く。)との間若しくは[[携帯局]](上空での運用を除く。)相互間で行う[[無線通信]]をいう。)の[[陸上移動局]]又は[[携帯局]]であつて、かつ、[[空中線電力]]が〇・〇一ワット以下であるもの 
九  超広帯域無線システムの[[無線局]] 
十  七〇〇MHz帯[[高度道路交通システム]]の[[陸上移動局]]
十一  五・二GHz帯高出力データ通信システム(五、一五〇MHzを超え五、二五〇MHz以下の周波数の電波を使用し、主としてデータ伝送のために[[基地局]](屋外で利用するもの又は最大等価等方輻射電力が二〇〇ミリワットを超えるものに限る。)と[[陸上移動局]]との間([[基地局]]と当該周波数の電波を使用する小電力データ通信システムの無線局との間を含む。)で行う無線通信([[陸上移動中継局]]の中継によるもの及び電気通信回線設備に接続するものを含む。)をいう。)の[[陸上移動局]]であつて、かつ、[[空中線電力]]が〇・二ワット以下であるもの

十一  五・二GHz帯高出力データ通信システム(五、一五〇MHzを超え五、二五〇MHz以下の周波数の電波を使用し、主としてデータ伝送のために[[基地局]](屋外で利用するもの又は最大等価等方輻射電力が二〇〇ミリワットを超えるものに限る。)と[[陸上移動局]]との間([[基地局]]と当該周波数の電波を使用する小電力データ通信システムの無線局との間を含む。)で行う無線通信([[陸上移動中継局]]の中継によるもの及び電気通信回線設備に接続するものを含む。)をいう。以下同じ。)の[[陸上移動局]]であつて、かつ、[[空中線電力]]が〇・二ワット以下であるもの
トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新