• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
  • 電波法第27条の14 へ行く。

*電波法第27条の14 [#d9f6bd95]
([[開設計画]]の変更等) 
第二十七条の十四  前条第一項の認定を受けた者は、当該認定に係る[[開設計画]](同条第二項第一号及び第四号に掲げる事項を除く。)を変更しようとするときは、[[総務大臣の認定]]を受けなければならない。 
2  前条第四項の規定は、前項の認定に準用する。この場合において、同条第四項中「ときは、周波数を指定して」とあるのは、「ときは」と読み替えるものとする。 
第二十七条の十四  前条第一項の認定を受けた者は、当該認定に係る[[開設計画]](同条第二項第一号、第四号及び第七号に掲げる事項を除く。)を変更しようとするときは、[[総務大臣の認定]]を受けなければならない。 
2  総務大臣は、前項の認定の申請があつた場合において、その申請が前条第四項各号([[移動受信用地上基幹放送]]をする特定基地局に係る開設計画にあつては、第五号を除く。)のいずれにも適合していると認めるときは、前項の認定をするものとする。 
3  総務大臣は、前条第一項の認定を受けた[[開設計画]](第一項の規定による変更の認定があつたときは、その変更後のもの。以下「[[認定計画]]」という。)に係る[[特定基地局]]を開設する者(以下「[[認定開設者]]」という。)が周波数の[[指定の変更]]を申請した場合において、[[混信]]の除去その他特に必要があると認めるときは、その指定を変更することができる。 
4  総務大臣は、[[認定開設者]]が認定の有効期間の延長を申請した場合において、特に必要があると認めるときは、一年を超えない範囲内において、その期間を延長することができる。 
5  総務大臣は、第一項の認定(前条第七項の総務省令で定める事項についての変更に係るものに限る。)をしたとき、第三項の規定により周波数の指定を変更したとき又は前項の規定により認定の有効期間を延長したときは、その旨を公示するものとする。
トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新